モデルハウス Model House:
Matsue/Izumo/Yonago

モデルハウス

  • 子育て期は忙しいので家族がコミュニケーションを深めるための住空間が大切です。そんな限られた時間のなかで、家族が集い、コミュニケーションを深める場として、家の中心にキッチンのある暮らしを提案します。開放感のある吹抜は2 階との空間的な繋がりを作り、家のどこにいても家族の存在を感じられます。考えられた多くの収納も、家族それぞれの用途に合わせた使い方ができて、とても便利。その他にも家族の大切な時間を演出するプライベートテラスや、天候の悪い時にも便利なビルトインガレージなど、家づくりのヒントが多く詰まったモデルハウス「つながる家」。

  • 城下町の風情にしっくりおさまる落ち着きの佇まい、新和風の家。いかにも邸宅と呼びたくなる重厚感に、最先端機能を軽やかにまとった、未来に誇れるリッチな住まいの誕生です。洗練された玄関を上がると、歩くたびに心地いい畳の出迎えと、雪見障子の向こうに坪庭を眺める心憎い演出。右手に進むと10畳の本格和室を設えて、来客の準備は万全。リビングはウォールナットカラーを貴重にしたクラシックな空間。明るい色調の襖を隔てて、LDKのあるプライベート空間へと続く動線になっています。家の中央にあえてレイアウトした階段を取り囲むようにLDKやバスルームなどを効果的に配置。ホームシアターのある主寝室やきせつも時間もきにしない2階ランドリールームなど、上級な気遣いを随所に施した知的住宅です。

  • いま最も注目されるジャパネスクスタイルの平屋。室内には、大きな砂岩の流れ模様が上質な空間を創るエコカラット貼りストーングレースのウォールに、表情豊かなレッドシダーの板張り天井。建具のハンドルや照明具などにあしらったアイアンなど、ナチュラルな素材感が非日常的なアクセント。光の届きにくい家の中央には2つの天窓を配して明るさを確保。子ども部屋に設えたロフトには十分な広さの小屋裏をプラス。従来の平屋に、ひらぎのらしさを加えて、新しい平屋を提案しています。

  • 重厚な外観にステイタスを感じるスタイリッシュモダンな2階建。玄関ホール側とキッチン側から上がれる2つの階段を持つ家です。1階リビングの開放感はテラスに向いた2段窓から注ぐ陽光。キッチンと一体化させた造作ダイニングテーブルの存在感。壁一面を本棚に設えたスケルトン階段を上がって先ず現れるスキップフロア。空を飛んでいるような気分にしてくれる渡り廊下は2階の見せ場。回遊タイプの動線と間取りの演出によって、新しい日常にこそワクワクが必要であることを提案しています。

  • 緑のグローヴに整備されたアプローチを通って、車寄せのあるギャラリー棟へお越しください。エントランスロビーから、キッズルーム併設の打ち合わせルームへとご案内します。授乳室も完備していますのでご安心ください。広い棟内では、各メーカーのバス・キッチン・トイレなどの展示により比較検討が可能。また、床材や建具などの各種サンプルを網羅。さらに、理想の家をその場で視覚化するテクノロジーコーナーも完備。ガーデニングも含めて、家づくりの総てにお応えします。

  • 大きな勾配屋根の傾斜を活かした、吹き抜けのある大らかなリビングが、この家の中心。プライベートを尊重しながらも、家族の気配を感じながら安心して暮らせるよう、ダイニング、キッチン、和室を、各々リビングを取り囲むようにレイアウト。お母さんのためにサンルームを。お父さんのために中2階に書斎を。2Fにはホールや子ども部屋を配置。そして、主寝室には見せる収納ディスプレイシェルフを造り付け、ウォークインクローゼットやトランクルームなど、大容量の収納力も提案しています。こだわったのは家族全員の個室を確保しつつ、みんな一緒に居心地良く過ごせる快適な空間があること。家の中心部に設けた吹抜けから太陽の光がたっぷり降り注ぐ明るく開放的なモダン住宅です。

  • 玄関から伸びるタイル貼りの土間は、水にも土にも強い頼もしいスペース。コンパクトなLDKからスムーズに続くウッドデッキは、自然をむりなく取り込んだセカンドリビング。そんな、屋外との境界がどこか曖昧なエリアが特徴的な、アウトドア志向ファミリーのための家。あえて木の節目を活かしたパイン材を選び、温かみある床にしたり、ダイニングテーブルを造り付ける工夫も。キッチン隣のママコーナーや、2階ロフトなど、暮らしやすさの充実も提案しています。