いい家 ひと筋 ひらぎの

Challenge
goes
on.

企業理念

 – 挑戦は続く

私たちひらぎのは、創業より、半世紀近い歳月をただひと筋に、いい家をつくるために捧げてきました。その間、家族の在り方や過ごし方、くつろぎ方なども時代とともに移り変わってきました。ひらぎのが提供する技術や機能、さらに環境までもが高性能に進化しています。これからも、お客さまの豊かな暮らしの実現と永続のために、私たちのあくなき挑戦は続きます。誰もが、ずっと笑顔で暮らしていられるように──。

いい家 ひと筋困難な挑戦ほど、やりがいがある

たとえば、人生を80年と想定したとき、家の中で過ごす時間を約53年間と算出(※1)。人生の半分以上の歳月をともに生きる家がどれほど重要であるか、家づくりという仕事がどれほど重責であるのか、この数字を見ると身が引き締まる想いになります。私たちひらぎのは、1977年(昭和52年)1月1日、「ひらぎの建設」として創業しました。スローガン「いい家 ひと筋」──この信念のもと、「ただひと筋に、より良い家づくり」を追求する過程で、1996年(平成8年)1月25日、商号を「ひらぎの」に変更。単なる家づくりに留まらない挑戦は、建設という言葉に納まらなくなっていました。私たちひらぎのは、単純に住宅性能を高めるだけでは家づくりは完成しないと考えています。交通アクセス、教育・商業施設への利便性など、暮らしを取り巻く環境をどれほど充実させるべきかと考えたとき、おのずと不動産部門の必要性が浮かび上がってきたのです。現在、一般住宅からマンション・アパート、公共事業や土木工事などの建設部門に加えて、分譲宅地や土地買取り、建物の有効活用に関する企画・調査・設計など不動産部門も展開。私たちひらぎのは、「いい家」づくりを原点に、常にお客さまに求められ、信頼される誠実な仕事に専心し、いつの時代も、お客さまと共に歩み続ける存在でありたいと努めています。そこには、失敗をおそれず新しい領域を切り拓こうとする挑戦者としての覚悟があります。そこには、同じ志をもつ優秀なスタッフやパートナーたちが社内外に集結してくれています。私たちひらぎのが、どんなに高性能でどれほど高品質な「いい家」をつくろうと、お客さまに満足していただき、評価していただいていなければ、今のひらぎのはないでしょう。こうした私たちの取り組みは、ひとつの枠に収まらないものかもしれませんが、創業から約45年という歳月を積み上げて築いたお客さまとの強固な絆を実感するとき、挑戦の日々は間違っていなかったと確信できます。当初より変わらない「いい家 ひと筋」に注ぐ情熱は、今も、これからも、高まり続けています。

(※1)国民生活時間調査(NHK放送文化研究所)より「在宅時間(2015年)」を参考に算出。
○1日の在宅時間を平均16時間として、人生80年を想定し単純計算しています。

Belief to
create
カタチにする想い

「いい家」のために、挑戦は続く。
ひらぎのの家づくりとは住むひとのためにある─
という当たり前が大前提
家が建ち、家並みが現れ、そして、まちが生まれる──。そこには、いくつもの家族の、いくつもの暮らしがあります。それは、当たり前の風景だけれど、ひとつとして同じ暮らしがないように、どの家族も特別な存在。つまり、どの家も特別でなくてはならないのです。ひらぎのが考える「いい家」とは、家族の未来も含めて担うもの。未来とは、予測のつかないものだけれど、たとえどんな未来が訪れようと「いい家」でなら笑顔でいられる。ひらぎのは、未来に対する責任を果たしながら、「いい家」をカタチにする、たゆまぬ挑戦者であり続けます。

Architecture夢がかなえられる「家」を創る

夢の実現にむけた進化と努力を惜しまない。

最先端テクノロジーと職人の熟練技で、
ひらぎのブランドは生まれています。
「休日には家族みんなでおいしいランチをつくりたい」「雪の日には暖かくしたリビングで映画鑑賞」「たまには友人たちを呼んでホームパーティーをするのもいいね」マイホームができたら、かなえたい夢は数多くあります。ご家族にとってそんな大切なシーンを、ひとつひとつ、ていねいに実現させ、守るために、ひらぎのは最先端のテクノロジーを取り入れています。

それは、国が定めた「設計住宅性能評価制度」の4分野6項目で最高等級を取得し、長期優良住宅にも認定。燃費が良い省エネ住宅としてBELSでも最高評価の星5つを取得。さらに、地球環境保護を見据えたZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組みなど、ひらぎのテクノロジーを搭載する家を、際立つ個性としてまとめあげるのは、高い技術と豊富な経験を備えた職人たちの熟練技術。優れた個々の特性がそれぞれ実力を発揮してはじめて、いい家が完成します。

Location好立地を選んで「未来」を創る

お客さまの未来にしっかり寄り添っていたい。

土地の持つ個性を見極めて、
明確な未来予想図をデザインします。
「スーパーマーケットが近くにあったら便利よね」「子どもたちの通園・通学は安全が第一」「病院・クリニックが近くにあれば安心できる」「通勤アクセスがスムーズだったらいうことないな」快適な生活とは、積みあげられる日常に出来るかぎり不満がないこと。どんなに素晴らしい家であっても、毎日を安心して過ごすことができなければ豊かな暮らしとはいえないでしょう。

私たちひらぎのは、お客さまの人生をイメージしながら、最適な立地条件を見極めて、分譲住宅・分譲宅地事業に取り組んでいます。それは地元を知り尽くす地元企業の一番の強み。私たちひらぎのには、お客さまに最も適した土地をご提案するため、日々街中を歩きまわり情報収集を行う営業スタッフがいます。法規制や地盤、周辺の建物や地域とのバランスなども詳細に調査しています。お客さまの幸せな未来予想図をデザインし、スムーズなご近所づきあいが生まれる環境を整えるのも、私たちひらぎのの仕事です。

Landscape洗練された「家並み」を創る

なにげない毎日がしあわせでありますように。

ひらぎのが開発する美しい街を
「グリーンテラス」と呼ぶことにします。
「近くに仲良くできるママ友がいてくれたら心強い」「毎日の犬の散歩が楽しくなる街並みっていいな」「近所に公園があるなんて素敵すぎる」私たちひらぎのは、ときに、山を切り拓いて家並みをデザインします。好立地な場所に、個性的ないい家が建ち並ぶ。たくさんのファミリーが住みはじめ、活気ある街が誕生する。

私たちは、そんなひらぎのタウンに「グリーンテラス」と名づけました。整備された区画に、スムーズに延びる道路には緑の街路樹が植栽されて、明るい街灯がともります。遊具やベンチを備えた公園では、子どもたちの明るい声が響いています。なにげない毎日が、しあわせでありますよう。快適で豊かな暮らしが送れる好立地の環境に、それぞれの夢がかなえられる個性的な家が建ち並ぶ。そして、美しい自然と共存する洗練された街が生まれる。私たちひらぎのの仕事は、未来に誇れる家創りです。
PAGETOP
©Hiragino Co.Ltd.