建築実例

アンシンメトリーの大屋根で味わえる平屋的ワンフロア生活

建築実例 33

アンシンメトリーの大屋根で
味わえる平屋的ワンフロア生活

暮らしやすさを考えた機能的な住まいで、新たな暮らしをスタートさせてみませんか。アシンメトリーな大屋根が目をひくツートーンの外観は、遠くからも目をひくインパクトのある佇まい。中心にオープンキッチンを配したLDKには、大きな吹き抜けから明るい光が差し込み、家族が自然と集まってきそうです。水回りは北側にまとめ、浴室やランドリーから主寝室のウォークインクローゼットにつながるレイアウト。階段を使わずに寝室に行ける快適さは想像以上のはず。子育て中にも、年を重ねても暮らしやすい、あこがれの平屋的ワンフロア生活を味わえます。

  • 1階床面積84.50m2(25.56 坪)
  • 2階床面積31.00m2(9.37 坪)
  • 延床面積115.50m2(34.93 坪)
  • 工事面積124.25m2(37.59 坪)
  • 敷地面積217.03m2(65.65 坪)

アシンメトリーな大屋根が
印象的な外観

片流れ屋根をアシンメトリーに組み合わせた大屋根が印象的なデザイン。ベージュをベースにブラウン系の配色でまとめ、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。南側には大きな3連FIXの窓を採用、都会的なセンスあるインパクトを加味しました。

クールとナチュラルが調和した
吹き抜けのあるリビング

南側の大きな窓と、広い吹き抜けから光が差し込むリビングスペースは、いつの間にか家族が集まってくるような明るく包容力のある空間。クールなコンクリート系のクロスに、木の素材感あふれるフローリングやナチュラルな建具を合わせ、落ち着いた雰囲気にまとめました。道路側の窓は低めの腰高なので、家具の配置に悩まずに済みそうです。

1階寝室で階段のない
ストレスフリーな暮らしを

日常生活の大半が1階で完結してしまう平屋的ワンフロア生活。それを可能にするのが1階寝室です。子どもが小さい時も、年齢を重ねてからも住む人にやさしい設計です。

まるでパティオのような
中庭風テラス

建物でコの字型に囲まれた中庭風テラスは、自然の光や風をさりげなく室内に取り込み、視界が広がるので部屋が広く開放的に。天気の良い日はセカンドリビングにも最適。

家の中心には開放感あふれる
アイランドキッチン

調理や後片付けしながらでも家族やお客様とのコミュニケーションを大事にしたい。そんな人にお勧めするのが、リビングやダイニングとの仕切りがなく、開放感あふれるアイランドキッチン。周りをクルクルと移動できるので配膳や片付けも最短距離で行えます。リビングフロアの中心になるキッチンです。

扉付きパントリーで
キッチンアイテムもすっきり

キッチンが丸見えになってしまうという悩みは、背面のパントリーで解決。扉付きの収納スペースに、ごちゃごちゃしがちなキッチンアイテムをすっきり仕舞えます。

裏動線をまとめて家事や
支度の時間を短縮

お風呂場から、洗面脱衣、ランドリー、寝室につながるウォークインクローゼットまで真っ直ぐつながった動線は、朝晩の家事や支度にかかる時間を大幅に短縮させます。

レイアウトを工夫した和室は
キッズスペースにも最適

ダイニングの西に配した和室は、キッチンからも視線が届くので小さい子どもの遊び場に最適。遊び疲れたらそのままお昼寝しても気持ちよさそう。板間に設置した可動棚は、出入口から見えにくいよう壁を出しているのでおもちゃや本、おむつなどがあっても気になりません。扉を閉めれば、個室空間。お客様にもゆっくりくつろいでもらえます。

かさばるタイヤは外部収納へ

階段下のスペースを利用して、外から出入りできる収納庫を設置。山陰での暮らしには欠かせないスタッドレスタイヤなどの収納に役立ちます。

吹き抜けを通しての
親子コミュニケーション

子どもは個室で勉強したがらないもの。そこで吹き抜けからの声や気配が届く2階ホールにカウンターを設置。「ご飯できたよ~」「は~い」などの声が聞こえてきそうです。