建築実例

機能的で洗練された
アーリーアメリカンスタイルの家

建築実例 8

機能的で洗練された
アーリーアメリカンスタイルの家

遠くからでも目をひくドーマー付きのフレアードルーフの屋根と、存在感のあるラップサイディングの外壁が見事にマッチした、洗練されたアーリーアメリカンスタイルの家。白いアメリカンフェンスで囲まれた芝生の真ん中には、玄関に導く贅沢なアプローチがあり、まるでハリウッド映画の登場人物になったかのような錯覚に見舞われます。大きな吹き抜けのあるリビングフロアは、木目の美しい無垢フローリングを敷設。開放感と温もりに包まれた居心地の良さを創出しました。随所に取り入れたR垂れ壁やニッチ、凝った意匠の階段、室内窓などが暮らしにワクワク感をプラス。機能性や利便性はもちろん、心まで豊かになるような家が完成しました。

  • 1階床面積48.75m2(14.74 坪)
  • 2階床面積47.47m2(14.35 坪)
  • 延床面積96.22m2(29.10 坪)
  • 工事面積96.86m2(29.30 坪)
  • 敷地面積178.49m2(53.99 坪)

憧れのドーマーを付けた
フレアードルーフ

古き良きアメリカの面影が残るアーリーアメリカンスタイルをアピールした印象的な外観。おしゃれなドーマーが付いた南側の屋根は、途中で勾配が変わるフレアードルーフを採用し、フレアースカートのような広がりを演出しました。存在感あるオフホワイトのラップサイディングに屋根と飾り雨戸のブラックが映え、遠くからも目をひくデザインです。

趣向を凝らした階段が
開放的なリビングに高級感をプラス

開放感のある大きな吹き抜けに、照明が一体になったシーリングライトファンが明るい雰囲気を創出しているリビング。階段やホール、2階の室内用窓からも階下を臨め、どこにいても家族の気配を感じられるよう工夫しました。笠木や手すり子に趣向をこらしたデザイン性豊かな階段が、寛ぎの空間をワンランク上の贅沢なムードに包みこみました。

思わず寝ころびたくなる
無垢フローリング

リビングダイニングフロアには、全面にオーク無垢材のフローリングを敷設。木目が美しく、適度な硬さと温もりのある床は、子供じゃなくても思わず寝ころびたくなりそう。

柔らかな自然光が差し込む
明るいキッチン

あえて吊戸棚を付けず、自然光が存分に入る設計にした明るいキッチン。コーナーを利用してL字型に配すことで、ダイニングスペースを広く確保しました。

フロアごとの魅力を引き立てつつ
一体感も創出

ダイニングキッチンからリビングまでIラインにつながるフロアは、床と壁を統一することで一体感を創出。キッチンで調理していても疎外感を味わうことはありません。一方、R垂れ壁や天井の高さの違いでさりげなくゾーニングも図り、それぞれの場所の魅力を引き立てました。玄関ホールとの境にはあえてドアをつけず、奥行き感を出しています。

優雅にくつろげる
化粧スペース付きの洗面室

約1600ミリもの長い洗面化粧台には、座って化粧できるスペースも確保。洗濯機をランドリーに置くことで洗面脱衣所が広くなり、優雅なくつろぎタイムを過ごせそうです。

まるでホテルのような高級感漂う主寝室

落ち着いた色合いのフローリングと、ベッドサイドに配した壁付きの証明が高級ホテルのような雰囲気を醸す主寝室。横長ニッチの青いクロスが部屋を引き締めるアクセントに。

映画のワンシーンのような
カバードポーチのある家

アメリカンフェンスで囲った敷地には芝生が敷かれ、玄関へと誘うような真っ直ぐなアプローチ。リビングとつながったカバードポーチがおしゃれなアーリーアメリカンスタイルの雰囲気を一気に醸し出しています。デザインガラスを真ん中に配した玄関扉や、ポーチ上下に配した白い格子。まるで映画のワンシーンに出てきそうなエントランスです。

大容量の収納スペースで
玄関回りはスッキリ

玄関には、R垂れ壁で区切ったシューズクローゼットに加え、扉付きの土間収納スペースを設置。ベビーカーやアウトドア用品などかさばるものをすっきり仕舞えます。

勾配天井生かした隠れ家的空間

2階ホールに設けたフリースペースは、勾配天井に天窓を設けた隠れ家的フロア。壁にはスポットライトも備え、一人になりたい時、趣味に没頭したい時にぴったりの空間です。