建築実例

都会的なグレーという色を主役にしたセンスのある暮らし

建築実例 40

都会的なグレーという色を主役にした
センスのある暮らし

外壁のアッシュグレー、室内フローリングと階段ステップに選んだグレージュなど、微妙なトーンの違いを計算しながらグレーという色を主役に配した住まいが完成。重厚にも軽やかにもなり過ぎず、都会的な存在感をまとっています。シンボルツリーの成長を楽しむ植栽。白い宅配ボックスがアクセントになったエクステリア。そして、スムーズな回遊動線を描くのは、廊下をなくした3LDKのシンプルな間取り。スケルトン階段の子柱や2階主寝室の室内窓枠に使用したアイアンが暮らしのアクセントになる唯一の家には、大胆さと繊細さが心地よく同居しています。

  • 1階床面積46.75m2(14.14 坪)
  • 2階床面積45.50m2(13.76 坪)
  • 延床面積92.25m2(27.90 坪)
  • 工事面積99.38m2(30.06 坪)
  • 敷地面積176.96m2(53.53 坪)

小気味よくリズムを奏でる
個性的な外観

段違いの招き屋根に、アクセントになる丸い窓。リズムを奏でるような外観は個性的で、新しいライフスタイルの始まりを予感させるよう。外壁には柔らかなアッシュグレーを使い、破風や窓枠のホワイトが全体の印象を引き締める小技の効いたカラーリングがスタイリッシュ。シンプルな中に繊細なディテールが光るクールな外観に仕上げています。

スムーズな回遊動線を描いたら
廊下が必要なくなった

元気よく玄関ドアを開けて帰宅する子どもたち。ホールを抜けて洗面脱衣に直行したら手洗い・うがいを済ませて、キッチンの冷蔵庫からおやつを取り出し、ダイニングテーブルに運んで「いただきます!」。こうして、おやつを食べ終えたなら、そのまま宿題だって片付けてしまおう。そんな微笑ましい光景がイメージできる回遊動線が、この家のセールスポイントのひとつです。

宅配ボックスは
これからのスタンダード

通販でのショッピングが当たり前になった今、留守時や非対面にしたいときなどに、便利なのは宅配ボックス。これからのスタンダードになること必至。

2階主寝室にはアイアン枠が
クールな室内窓を設えて

吹抜けの階段側に開いた2階主寝室の室内窓は、スタイリッシュなアイアンフレーム。窓を開ければ1階の気配を感じられる配慮がうれしい。

ペニンシュラ型キッチンを中心に
家族の様々なシーンが生まれる

キッチンの背面に造付けた便利なカウンターは、大容量のカップボードとしの役割を持つ優れもの。また見通しが良いキッチンなので料理をしている間でも、リビングやダイニングにいる家族と会話をしたり、子どもたちの様子を見渡しながら安心して食事の支度ができます。さらに、駐車スペースから直接行き来できる勝手口は、日々のお買い物の頼もしい味方です。

そで壁にマガジンラックを造作した
ダイニングのカウンター

セミオープンのキッチンだから出来た飾り棚&カウンター。そで壁にはマガジンラックを造付け、カウンターの高さから開けた窓のサイズ感もゆったりとして開放的。

扉の内側にすべて納まる
充実の玄関収納

天井までの高さで揃えたユニットが、頼もしい収納力を発揮する玄関ホール。扉一面の大きなミラーが奥行きを演出し、実際よりも玄関を広く見せてくれる。

リビング空間に施された
クールなデザインが冴える

リビング階段だけを見ても、この家のデザイン性の高さがわかります。アイアンの子柱がクールなスケルトン階段で、上がり口の下3段を回り階段にした工夫も、どこかドラマチック。階段の壁に施したグレーのアクセントクロスも印象的。そしてリビングには、白いテレビボードと、その上部にウォールシェルを造付け。洗練された空間が、住まう家族のセンスの良さを代弁しているようです。

玄関から直接つながる
ゆとりの洗面脱衣スペース

玄関ホールから引き戸で直接出入りできる利便性の高い洗面脱衣スペース。幅1m20㎝の広い洗面台に、天井の高さまである造作シェルフが、快適な暮らしをさり気なくサポート。

丸窓のある2階ホールは
家族の個性が活きる自由な空間

玄関ポーチの上に開いた丸窓から、陽光が注ぐ2階ホール。ランドリースペースとしてはもちろん、丸窓に向けてデスクを置けば憧れの書斎が完成。