建築実例

空間ごとの最適な環境を意識した
立体的な家 

建築実例 5

空間ごとの最適な環境を意識した
立体的な家 

シンプルな片流れ屋根なのに高さを変えて空間や動きを創出、東西に長い敷地条件を生かした立体的なフォルムを生み出しました。リビングやダイニングが並ぶ南側には、芝や透明感ある木々を植栽した庭を配置し、住宅街とは思えない明るさを確保しました。玄関ホールの引き戸を開けると、大きな格子状の窓が印象的な広いリビングが登場。白を基調にした内観に斜め張りのフローリングが映え、広がりあるモダンな雰囲気を醸し出しました。ダイニングとの境にはあえて壁を作り、空間ごとの環境を尊重。玄関からはキッチンに抜けられる動線もあるので、買い物時や来客時にも便利です。使い易い収納を随所に配置し、快適空間を保つ工夫に満ちた家です。

  • 敷地面積209.58m2(63.40 坪)
  • 延床面積122.75m2(37.13 坪)
  • 1階床面積71.00m2(21.47 坪)
  • 2階床面積51.75m2(15.65 坪)
  • 工事面積128.43m2(38.85 坪)

3つの屋根の高さで
空間と動きを創出

ホワイトの壁に銀黒瓦の片流れの屋根が、すっきりした印象。3つの屋根の高さを変えて空間や動きを生み出し、東西に長い敷地条件を最大限に生かした立体的なフォルムを創り上げました。タッチキーを装備した玄関は、両手に荷物がふさがっている時でも安心。ポーチ周辺には白い壁に映える緑を植栽、家族の帰りをやさしく迎えてくれる明るいエントランススペースです。

勾配天井が生み出す
吹き抜けのような開放感あるリビング

最も高い所は4メートル近くある勾配天井が、吹き抜けのような開放感を見せるリビング。格子状に見える南側の大きな窓からは、明るい光が暮らしの空間に存分に注ぎ込みます。斜めに張り上げたオーク材の床で、動きのあるモダンな印象に。ダイニングとの境にはあえて太めの枠を配した壁を作り、落ち着いた雰囲気を生み出しました。

ダイニングキッチンは
あえてリビングと分ける

庭へそのまま出られる大きな窓があるダイニングキッチンは、リビングと一部空間を仕切ることで独立したスペースに。家族それぞれが居心地の良いゾーンで寛げます。

シックなのに遊び心もある
市松模様の畳

濃淡グレーの市松模様の畳が遊び心をくすぐる和室。キッズスペースのほか、布団を仕舞える押し入れを備えているので、将来的には寝室にすることもできます。

美しいヘアライン仕上げの
フルステンレスキッチン

フルステンレスヘアライン仕上げの対面型キッチンは、一体感があって美しく、お手入れも楽。清潔感あふれるシンプルな空間に、奥だけタイル柄のクロスを貼って、色調のアクセントを生み出しました。床は撥水性、耐久性のあるフロアタイル、家電の大きさに応じて高さを変えられる収納棚など、生活する人の目線に立った機能的キッチンです。

収納力抜群のパントリーを
キッチン奥に設置

キッチン奥には、食品や調味料などをストックできるパントリーを設置しました。両壁に6段の可動棚を設けて収納力抜群。玄関ホールからも直接出入りできるので便利です。

2階には洗面台付きの
ランドリースペース

明るいオレンジの壁を伝って二階に行くと、ホスクリーンを2本備えたランドリースペースへ。洗面台も併設しているので、お出かけ前の身支度に重宝しそうです。

寝室のウォークインクローゼットは
2空間にして収納量アップ

上部に配した横長の小窓から明るい光が射し込む寝室。部屋に続くウォークインクローゼットはあえて、御主人用と奥様用に空間を分けて壁を増やし、収納量をアップさせました。御主人スペースはブルーグレー、奥様はホワイトと、それぞれに壁の色を変えることで違う雰囲気に。奥様スペースは大きめなので、洋服好きのお洒落な方でもしっかり仕舞えそうです。

「ただいまロッカー」でお部屋すっきり

階段下のスペースには、帰宅時にかばんや荷物を置ける便利な棚を設けました。名付けて「ただいまロッカー」。部屋が散らかずに済み、出かける時の忘れ物も減りそうです。

収納やデザインにも配慮された
階段周りのニッチ

単調になりがちな階段も細部まで工夫を凝らし、家族写真や小物などを置けるスペースを確保しました。階段下に収納を設けることで、デットスペースを無くし利便性も抜群です。