重厚な美の隅々に暮らしやすさが行き届く - ひらぎの

いい家 ひと筋 ひらぎの

WORKS

建築実例

重厚な美の隅々に暮らしやすさが行き届く

シンプルなフォルムに、ブラウン系の塗り壁が品の良いどっしりとしたイメージをプラスした佇まい。ファサードのある西側から東側へ、東側から西側へ、勾配の流れが異なる2つの片屋根がシンボリックな角地の家です。ポーチ・玄関・テラスはモルタル風タイルで連続性のあるスペースに。1階は階段を中心とした回遊動線を確保。東側に水回りを集約し、ランドリー・WICL・勝手口を繋げるなど家事をスムーズにする工夫が光ります。LDKは奥に向かって上昇する勾配によって開放感が生まれ、外観と統一性のある深いブラウンの建具が開放感の中に上質な雰囲気を添えます。ビジュアルも機能美もワンランク上の、末長く家族の自慢になる住まいです。

■1階床面積/
74.49㎡(22.53坪)
■2階床面積/
43.66㎡(13.20坪)
■延床面積/
118.15㎡(35.74坪)
■工事面積/
131.08㎡(39.65坪)
■敷地面積/
220.57㎡(66.72坪)

FEATURE 特徴

PAGETOP
©Hiragino Co.Ltd.