いい家 ひと筋 ひらぎの

WORKS

建築実例

オンリーワンレイアウトの
こだわりの住まい

旗竿状の敷地と、公園に面した立地を生かし、光と風を十分に取り入れたオンリーワンのレイアウトを考えました。落ち着きのある寄棟屋根の持つフォルムは、モノトーンに近い配色でメリハリ感を加味。素材や色を変えた外壁材をバランス良く配して、外観のアクセントにしています。ホワイト系で統一した内観は、驚くほどの清潔感と開放感。天井高に違いをつけて空間に広がりを持たせつつ、壁や凹みをうまく使って、ゾーニングや収納スペースの確保を狙いました。ランドリーや和室、2階ホールなど随所に便利なカウンターを配置。リモートワークやお子様の勉強、パソコン作業など、家族のニーズに合わせて多彩な使い方ができそうです。

■1階床面積/
66.62㎡(20.15坪)
■2階床面積/
48.50㎡(14.67坪)
■延床面積/
115.12㎡(34.82坪)
■工事面積/
119.37㎡(36.11坪)
■敷地面積/
337.06㎡(101.96坪)

FEATURE 特徴

  • ホワイトにブラック系を効かせた
    メリハリ感
    白い外壁に、銀黒の屋根とブラックの窓枠や破風を組み合わせた、メリハリのあるフォルム。東西の一部は、素材と色の違う外壁材を用いて外観のアクセントにしました。セットバックになった玄関ポーチは、雨風をしのぐだけでなく、防犯上も安心。周囲からの視線を配慮しつつ、光と風が入るよう窓の高さや植栽の位置にもこだわりました。
    1/10
  • メインルームへ誘う(いざなう)
    前室的空間
    玄関ホール北側には、和室へもリビングへもつながる前室的空間を配置。脇には濃茶色の柱2本をアクセントに立て、メインルームへ誘い込むような仕掛けを作りました。
    2/10
  • 書斎やリモートオフィスにも変身できる
    自由度高い和室
    公園が見える見晴らしの良い位置には、多彩な顔を持つ和室を配しました。窓に面した北側に、壁から壁まで幅約2.5メートル、奥行き50センチの長いカウンターを設置。書斎やリモートオフィスなど多用途に使えます。押し入れや可動棚もあるので、客間や小さなお子様のお昼寝場としても活用できる万能フロアです。
    3/10
  • 圧迫感がなく清潔感あふれる
    真っ白なリビングフロア
    壁と天井に加え、フローリングもホワイト系に統一したスッキリとした一直線のLDKは、圧迫感がなく広々とした印象です。リビングの一部を吹き抜けにして天井を高くすることで、キッチンやダイニングとゾーニング。斜め上の窓から差し込む明るい光が、家族のくつろぎ空間をやさしく包み込みます。座る場所によっていろんな居心地を味わうことができます。
    4/10
  • 日用雑貨はすっきり収納
    家族が集まるリビングフロアは、日用雑貨であふれがち。そこで、テレビ台わきのコーナーや、階段に続くホールの一角に凹部を配し、扉付きの収納スペースを作りました。
    5/10
  • 家族と近くなるフラットな対面キッチン
    視界を遮るものがないフラットな対面キッチンで、家族との距離感もぐっと縮まります。お子様がお手伝いする機会も増えそうです。
    6/10
  • 壁一枚の配慮で来客時も安心
    来客時、トイレへの出入りはどうしても気兼ねします。そこで、リビングからトイレや洗面脱衣室の出入りが見えにくいよう、あえて壁を出し、視線をシャットアウトしました。
    7/10
  • シンクやカウンターを備え、
    多用途に使えるランドリー
    キッチンから引き戸一枚でつながるランドリーは、底の深い大型のSKシンクや、アイロンや洗濯物を畳んだりできるカウンターを備えた便利空間。窓に面したカウンター上部にあるハンガーパイプに加え、スポット型のホスクリーンも二つ設置しているので、干す時に移動の必要がありません。天候が良い日は、勝手口から出て外干しも可能です。
    8/10
  • 広々とした寝室でリラックスタイムを
    シングルベッド二つでも置くことができる、ゆったりとした主寝室。壁遣いを工夫し、奥のウォークインクローゼットを別室のように配すことで、一層落ち着きある空間に。
    9/10
  • 利便性が高い
    カウンター付きの2階ホール
    吹き抜けに面した2階ホールには、仕事や勉強にも使えるカウンターデスクを配置。背部には、本棚やオープン棚も備えているので、ミニ書斎としても活用できそう。
    10/10
PAGETOP
©Hiragino Co.Ltd.