いい家 ひと筋 ひらぎの

WORKS

建築実例

明るく開放的な空間を実現した
ホワイトの高天井

ホワイトで統一した外壁と窓枠に、落ち着きのあるいぶし銀の切妻屋根をマッチさせた、洗練されたシンプルモダンの外観。玄関ポーチはあえてフラットに区切り、三角と四角のフォルムで立体的な動きを出しました。引き戸で隔てたシューズクローゼットのある玄関は、インテリアにも使えるカウンターや収納棚も設け、常にすっきりした印象。ホールからリビングに一歩入ると、白い化粧梁を見せた開放的な高天井の大フロアに驚かされます。明るいリビング・ダイニングに隣接する約5メートルの幅広テラスは、家族が寛げるセカンドリビングにも。随所に収納スペースを確保し、コンパクトなのに広々とした印象を与える空間を実現しました。

■1階床面積/
54.05㎡(16.35坪)
■2階床面積/
51.05㎡(15.44坪)
■延床面積/
105.10㎡(31.79坪)
■工事面積/
110.01㎡(33.31坪)
■敷地面積/
198.11㎡(59.92坪)

FEATURE 特徴

  • 統一した外壁・窓枠・切妻屋根で
    南欧風に
    外観のテーマは、「派手過ぎない洋風」。南欧風は赤瓦をよく使用しますが、違う素材を採用し新しい南欧スタイルに。屋根はシンプルで落ち着きのある切妻屋根。白い外壁と白い格子窓で洗練された都会的なイメージを醸成、シンボルツリーの緑色とのコントラストも鮮やかです。奥行きや高さを部分的に変えることで伸びやかな立体的なフォルムを生み出しました。
    1/10
  • 白い化粧梁の高天井が実現させた
    圧倒的な開放感
    1階の和室をなくし、東西にLDKが広がる設計で明るく広々としたリビング空間を生み出しました。リビングの天井は高天井に加え天井、壁、化粧梁を全て白で統一することで驚くほどの開放感です。壁面を活用した収納は、「隠す」と「見せる」をバランス良く配置。日用品は扉付きの収納で隠し、インテリア雑貨は飾り棚で見せることで住む人の個性も演出。
    2/10
  • R垂れ壁の曲線や赤い壁紙が
    リビングのアクセント
    白ベースでアクセントカラーが赤。リビング北西にR垂れ壁のオープンな物入れを配置し、奥の壁にもあえてビビットな色を選びました。可動棚5段を備え、リビングの日用品を収納できます。
    3/10
  • 広々としたテラスは
    リビングの可能性を豊かに
    幅5m、奥行き2.5mの広々としたテラスは、フラットに隣接するリビング空間を一層際立たせます。テーブルと椅子を置けばセカンドリビングにも。工夫一つで可能性が豊かになる空間です。
    4/10
  • 清潔感あふれるキッチンから
    ゆったり寛ぐ家族を一望
    キッチンも「見せる」「隠す」を意識しました。天井まである収納棚は、真ん中だけオープンにして家電が使いやすいよう工夫。南側の角には、食品ストックや日用品を仕舞えるパントリーを設置し、リビングやダイニングからの視線が常にすっきりと見えます。キッチンに立てば、リビング・ダイニングでゆったり寛ぐ家族が一望できるのもうれしいですね。
    5/10
  • 料理など家事の合間に便利な
    カウンターデスク
    明るい光が射し込む南側の窓際には、家事の合間のパソコン作業や子どもが宿題などに使えるカウンターデスクを配しました。日当たりが良いので気持ちよく読書や家事ができる癒しの空間にも。
    6/10
  • 南からの陽射したっぷりの
    ランドリースペース
    共働き世帯でも空模様を気にせずに済むのが、室内でもからっと乾く洗濯干しスペース。リビング階段を上がってすぐの2階ホールには、ホスクリーン(室内用物干し)2本を天井に設置。
    7/10
  • 巧みな空間構成で十分すぎる
    収納スペースが実現
    主寝室には、押し入れとウォークインクローゼットの両方を備えました。壁を最大限活用したウォークインクローゼットは収納力抜群。ハンガーパイプや自由に高さを決められる可動棚を設けることで、ロング丈のコートや季節物アイテム、ファッション小物などもきちんと収納可能に。物干しスペースから扉一枚で収納スペースに持ち込める時短動線も。
    8/10
  • 玄関周りの収納をしっかり確保し
    “家の顔”を素敵に
    ベビーカーや子ども用自転車など子育て世代は外出グッズも盛りだくさん。小物関係だけではなくアウトドア用品もスッキリと保管。“家の顔”でもある玄関が、常に素敵な空間になります。
    9/10
  • 同じ間取りながらも
    個性的な雰囲気の子ども部屋
    2階西側に南北に設けた洋室2室は、二面の窓から射し込む光で明るい空間に。壁紙一面はそれぞれアクセントカラーを配し、同じ間取りながらも個性的な印象の雰囲気に。
    10/10
PAGETOP
©Hiragino Co.Ltd.