ご相談からお引き渡しまでの流れ(動画紹介) To Hand Over The Keys

ご相談から
お引き渡しまでの流れ
(動画紹介)

この動画では、初めて住まいに関するご相談を承ってからお引き渡しを行うまでの流れを、各ステップごとにご紹介しています。家づくりは施主様との信頼関係があって成り立つもの。お互いのスムーズなコミュニケーションにより、ご満足頂ける「いい家」が完成いたします。是非この動画をご覧頂き、お客様が思い描く家づくりにお役立てください。

初回のご来店

  1. 初回のご来店では、まずは展示場にて各間取りをご案内しながら、お客様のご要望される土地や建物についてお聞きします。
  2. 次に、当社の建物の標準性能と標準仕様をご説明いたします。実際に使用する断熱材などの見本をご覧頂きながら理解を深めて頂きます。
  3. ご来店時にお聞きしたご要望を基に、価格に適した仮プランをご用意させて頂きます。また土地からのご購入をご検討されている場合には、資料によるご説明のほかご希望があれば現地までご案内いたします。

プランのご提案

  1. 前回のお打合せ時にお聞きしたご要望を図面にして、設計士も同席のもとプランをお示しするとともに、資金計画・スケジュールをご提案いたします。
  2. ご提案したプランにご納得頂けましたら契約書にご記入頂きます。土地からの場合は、事前に土地契約も行います。住宅ローンの本申し込みと保険の重要事項説明を行います。

図面・仕様確定

  1. ご契約後に、着工に向けて間取りや詳細を決めていく図面確定を行います。状況によって道路からの高低差や、隣の住宅との位置関係も確認します。
  2. 図面が確定した後、仕様確定を行います。仕様確定 (1) では、内装の床や建具の色や種類、外装の屋根や外壁などの色や種類を決めていきます。お客様の好みに合わせてアドバイスさせて頂きながら決定していきます。
  3. 仕様確定後に、確定合意を行います。着工の約50日前に、図面、仕様、見積り、資金計画の確定したものに対して、合意を交わします。

着工

  1. 着工の前に、土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する「地鎮祭」を行います。地鎮祭で用意するものなどご説明いたします。
  2. 確定合意の内容で建築申請を行い、地鎮祭後、その図面を製本したものを施主様にお渡しいたします。ご契約時のスケジュールに基づき、いよいよ着工となります。着工後、基礎配筋検査・型枠完了時検査など各種検査を行います。社内だけでなく社外の機関にも依頼して実施します。
  3. 仕様確定 (2) では、ポーチ玄関タイル・玄関収納など内部造作材や電気配線の確定を行います。

上棟

  1. 柱・棟・梁などの骨組みが完成する上棟日を迎えます。上棟日には骨組みが完成した区切りとして、ここまで無事に工事が進んだことへの感謝と完成を祈願する式典「上棟式」を行います。上棟式で用意するものなどについてもご説明いたします。
  2. 上棟後、中間検査を行います。中間検査では、躯体検査・二次防水検査・断熱材検査・給排水中間時検査・造作中間検査など各種検査を行います。社内だけでなく社外の機関にも依頼して実施します。
  3. 仕様確定 (3) では、外構工事の確定と、クロス・カーテン・照明機器・エアコンも確定します。

竣工

  1. お引渡しのスケジュールの説明と、登記手続き、火災保険手続きを行い、その後最終資金計画のご確認を行います。ご入居にあたり必要となってくる各種手続きのご案内を営業担当からさせて頂きます。
  2. 竣工すると、施主様立会いのもと完成検査を行います。また資金確認が終了するとお引渡し前に、公的完了検査・給排水検査・社内竣工検査など各種検査を行います。
  3. 最終借入額確定後、銀行と本契約を交わします。お引き渡し後、住宅ローンが開始します。

お引き渡し

  1. お引き渡し時には、各種保証書の発行、公的書類、取扱説明書、鍵のお渡しを行います。同時に住宅機器に関する取扱い説明も行い、お引き渡しが終了となります。