まるでカフェのような個性的なおしゃれ空間 -  Owner's Voice #23

まるでカフェのような個性的なおしゃれ空間

存在感抜群の両面ウォールクロックや、ヴィンテージ感たっぷりのワインボックス柄のクロス。ゲスト目線の粋な空間作りは、ご夫妻たっての願いでした。

オーナー様の声 #23 松江市S様邸

まるでカフェのような個性的なおしゃれ空間

ゲストが楽しめる仕掛け満載の吹き抜けリビング

人を呼べる家にしたいS様ご夫妻にとって家造りの一番のポイントは、友人達が気兼ねなく遊びに来て寛げるような空間を生み出すことでした。ダイニングをあえて作らず、吹き抜けと無垢材を用いた勾配天井で広々とした開放感抜群のリビングに。西側にはデニム地のアクセントクロスを、キッチンカウンターの腰壁にはワインボックス柄のクロスを配し、まるでカフェのような個性的な空間を生み出しました。明るさを調整できるダウンライトやスポットライト、間接照明などを多彩に取り入れ、気分やシチュエーション次第で雰囲気を変えられる工夫も。ゲストが楽しめる仕掛け満載の家が出来上がりました。

黒で統一したモダンな外観。「クリスチャンルブタン」をイメージした深紅のカラーリングが、アクセント。
玄関ポーチは、セットバック部分に設置。前室のような雰囲気を醸し出すだけでなく、防犯性にも優れています
テラス西側の庭には、シンボルツリーを植栽。白い玉砂利にモミジの緑が映え、癒しを演出します。
玄関西にはタイヤやゴルフ道具なども仕舞えるシューズクローゼットを設け、エントランスは常にすっきり。
吹き抜けと勾配天井が生む開放感。和モダンな空間に、天井の杉板と円状にくり抜いて障子を見せた壁、サクラのフローリングが温もりを醸し出します。
デニム地のアクセントクロスを配したリビングには、自在に調光できる照明を取り入れ、雰囲気を変えることも。
あえてダイニングをなくした広い空間は、球状の照明器具と円状に切り取られた2階の壁が見事にシンクロ。

遊び心たっぷりのアイテム使いで、随所にユニークな空間を演出

遊び心たっぷりのクロスやアイテム使いは、ご夫妻共に「ひらぎの」営業スタッフとして家づくりに関わってきた経験が生きています。「シンプルな住宅が人気ですが、我が家だからこそもっと遊んで唯一無二の空間にしてみたくて」と仰っていました。2階には、朱色の壁に網代天井柄のクロスを組み合わせた、和モダンのゲストルームも。障子の部分は、階下からは円状を描いた形に見せ、リビングに粋な雰囲気も加味しました。子ども部屋を想定した中2階には、大人でもワクワクするような小屋裏のスペースを。日々の暮らしに機能性は大事。でも遊びや自由がもっとあってもいいのでは。そんなご夫妻の想いを一つ一つ形にしました。

水回りはレンガ柄のフロアタイル。高めのキッチンカウンターで、手元を隠し、お客様から見えない工夫を。
脱衣室には室内用ホスクリーンを備え、ランドリールームにも。奥様が好きなティファニーブルーのクロスで優美な雰囲気。
主寝室は1階に。ウォークインクローゼットを隔てる壁は、上部分のみ空けることで室内の温度差をなくしました。
三角屋根の形を生かした、中二階の子ども部屋。吹き抜けから階下を望めるデコマドは、ワクワク感もたっぷり。
朱と紺の壁に、網代(あじろ)天井のクロスを組み合わせたゲストルームは、黒い障子桟で引き締めて粋でモダンな異空間に。
リビングと主寝室に挟まれたテラスはセカンドリビングにも。日差しや雨の吹き込みをカットできるよう、ひさしを設けている。
ゲスト目線で創り上げたS様邸。周囲の視線を気にせずに、楽しめるバーベキュータイムはご夫妻にとって至福の時の一つ。

物件情報

松江市S様邸
  • 敷地面積: 209.30㎡(63.31坪)
  • 延床面積: 137.80㎡(41.68坪)
  • 1F床面積: 99.55㎡(30.11坪)
  • 2F床面積: 35.25㎡(11.57坪)
  • 工事面積: 154.08㎡(46.61坪)
  • 竣工年月: 2019年2月