趣味や機能、子育てや両親のことまで考えられた二世帯住宅 Owner's Voice #11

出雲市C様邸

中庭的共有スペースを軸に、家族が助け合える二世帯住宅

御夫妻とも看護師のC様。新築を機に御主人の御両親との同居も決まっており、生活スタイルが違う家族が助け合いながらストレスなく暮らせる空間を考えました。鍵は、中庭的共有空間の和室です。

オーナー様の声 #11 出雲市C様邸

趣味や機能、子育てや両親のことまで考えられた二世帯住宅

Owner's Voice #11

出雲市C様邸

中庭的共有スペースを軸に、家族が助け合える二世帯住宅

御夫妻とも看護師のC様。新築を機に御主人の御両親との同居も決まっており、生活スタイルが違う家族が助け合いながらストレスなく暮らせる空間を考えました。鍵は、中庭的共有空間の和室です。

夜勤が多い若夫婦の暮らしと育児を助ける設計

入籍間もなくから「家賃を払うよりローンを組んで自分の家を」という考えだったC様ご夫妻。江津にあった御主人の御実家が傷んできていたこともあり、二世帯住宅を念頭に各地のモデルハウスに通っていたそうです。“一目惚れ”したのが、中庭を備えたひらぎの二世帯住宅モデルハウスでした。「中庭を真ん中に二世帯が完全に分かれていて雰囲気も明るくて。自分たちの仕事と子育てにぴったりでした」とご主人。C様邸では、二世帯の居住空間の中央に庭の代わりに共有の和室を配置。琉球畳や和紙調プリーツスクリーンで、落ち着いた風情を醸しつつ、モダンな雰囲気に仕上げました。

L字型をうまく活用して建てられたC様邸の二世帯住宅。念願のガレージも付いている。
引き戸で隔てたシューズクローゼットを確保し、共有の玄関フロアもすっきりした印象。

若夫婦のリビング・ダイニングには、一部吹き抜けを採用。2階ベランダ窓からの光が間接的に射し込み、暮らしの中心を明るく輝かせています。キッチンの両脇には勝手口を配置。ガレージから直接屋内に入ることができるので、雨の日や荷物運びに便利な上、帰宅時間が遅い時でも就寝中の親世帯を起こす心配がありません。また、共働き世帯に不可欠なのが洗濯物の室内干し。ランドリースペースを通常より広めに確保し、空間を有効活用する室内物干しを取り付けることで悩みを解消しました。

ダイニング横には、階段下スペースを活用したランドリースペース(左奥の凹んだ部分)。
キッチンからはダイニング、リビングが一望。家事をしながらでも家族と過ごせます。
2階ベランダから光が射し込むため、日中は電灯も要らないほどの明るさ。
リビングの一角に設けた学習スペースは、子どもが安心しながら勉強できる空間に。
親子二世帯の居住空間中央にある共有スペースの和室は、家族を繋ぐ鍵になる場所。

コンパクトながら遊び心と工夫が満載の親世帯フロア

2階には、3つの子ども部屋と若夫婦の寝室、狭くても欲しかったという御主人のパソコンルームを確保。一方親世帯のフロアは、深紅のシステムキッチンや小屋裏の収納が付いた寝室などコンパクトながら遊び心と工夫が満載。普段はおじいちゃん、おばあちゃんがメインで子守りを担当するので、勝手口の真横に洗面所を設け、外遊びで汚れた時にも便利な設計にしました。「二つの空間を走り回っている娘と、孫を近くで見られて喜んでいるおじいちゃん、おばあちゃんを見ていると、ひらぎのの二世帯住宅にして本当に良かったと感じています」と御主人。家族の暮らしを育て、豊かにする家が生まれました。

白と木目調で温もりある雰囲気のリビング。ダイニングの上には吹き抜けもある。
深紅のシステムキッチンがアクセントになっている親世帯のリビングキッチン。
親世帯の寝室に設けられた小屋裏収納。お洒落な奥様の洋服収納に大活躍です。
若夫婦の寝室は、夜勤後もぐっすり眠れるよう暗めの落ち着いた雰囲気に。
御主人念願の“個別パソコンルーム”。独りになれるスペースを大切にしました。
2階から階下の様子がうかがえるのも、吹き抜けのメリットの一つ。

物件情報

出雲市C様邸
  • 敷地面積: 418.78㎡
  • 延床面積: 237.32㎡
  • 竣工年月: 2018年7月
  • 商品名: クリア(clear)