両三柳1号地

両三柳1号地

家の隅々まで光が行き渡るように。奥行きが長いのに明るい家。

奥行きの長さが特徴的な土地でした。そこで私たちはまず「光をいかに十分に取り入れるか」を考えました。南側には境界線から広めに間を取って、中庭風ウッドデッキを配置。出入口の大きめの窓や、吹き抜けのあるリビング上部の窓から十二分の光が差し込むように工夫しました。お父さんのためのミニ書斎を和室に設けたり、季節用品をしまえる屋根裏収納を付けたり、ほんの少しのスペースも住む人目線で大変身。内装は赤みを帯びた落ち着きのある茶系に統一し、高級感を醸し出しました。

販売価格

3,790万円(税込)

  • 敷地面積256.39m2(77.55 坪)
  • 延床面積120.87m2(36.56 坪)
  • 1階床面積87.62m2(26.50 坪)
  • 2階床面積33.25m2(10.05 坪)
  • 工事面積131.87m2(39.89 坪)

価格に含まれるもの

  • 土地代
  • 建物代
  • 付帯工事
  • 外構
  • 照明
  • カーテン
  • エアコン2台
  • 消費税

家の中は明るく、でも、プライバシーは守る。

住宅密集地という立地。奥行きの長い敷地に、いかに光を取り入れるか、そしてどうすればさりげなくプライバシーを守れるか。外観ではその二つをまず考えました。明るい南側にスペインのパティオのような中庭風ウッドデッキを設け、リビングにつながる窓は約1.5倍の幅広に。吹き抜けにある大きな窓からも十分な光が差し込むように考えたところ、驚くような明るさが生まれました。一方で道路に面した窓は細長タイプにし、玄関ポーチには低めの屋根をかけ、プライベートを確保しました。

使われる家具を想定し、ゆったりした空間と統一感を提案

分譲住宅というと、「面積=価格」と考えられがちです。しかし私たちはその“常識”を覆すことを目指しています。たとえばリビングやダイニングの広さは、3人掛けのソファ(幅1800mm×奥行き900mmや、4人がゆったり座れるダイニングテーブル(幅1500mm×奥行き900mm)を余裕持って置けるスペースを十分に確保。両三柳の家は、高級感のあるカラー配色で落ち着いた雰囲気を提案。リビングの顔にもなるテレビ台は、色調にあった存在感のあるものを造作しました。

アイランドキッチンで動線と収納量確保

限られたスペースをいかに有効に生かしていくか。設計士やインテリアコーディネーターの腕の見せ所です。キッチンは当初、通常の対面式でしたが、アイランドキッチンに変えることで、キッチン周りを回遊できるように。L形の食器棚を備え付けた上、可動棚のあるパントリーも確保。すっきり使いやすいキッチンに変化していきました。インテリアコーディネーターのアイデアでLDKから死角になる冷蔵庫の南側の壁にはマグネットパネルを設置、家族連絡ボードに使ってもらえたらとの思いです。

和室の床の間は、お父さんの隠れ家スペースに

狭くてもいいから、一人になれる空間が欲しい――。そんな淡い願いを持っているお父さんは多いのではないでしょうか。ブラックチェリーのフローリングに合わせて亜麻茶色の畳を配した和室には、当初床の間がありました。しかし、「滅多に来られないお客様より毎日暮らすお父さんのプライベートスペースを」と、西側の奥にカウンターと可動式の本棚を設置。まるで隠れ家のような空間が生まれたのです。玄関ホールから直接出入りできる引き戸を付けたので、帰宅後に一旦荷物や衣服を置くことも可能です。

住環境

両三柳分譲地は、国道431号線に近く東西南北にもアクセス良好です。幼稚園、小学校、中学校とも教育施設は1.5km圏内、ショッピングセンターまでは約0.6㎞、いずれも徒歩圏内で、安心・便利な立地条件となっています。また、近くには大きな総合公園の弓ヶ浜公園があります。清々しい緑の中、小さい子供から楽しめる遊具広場、ピクニックやボール遊びもできる芝生広場、ウッドデッキや親水公園が整備され、外周をウォーキングやジョギングで楽しむこともできます。子どもからシニアの方まで、青空の下、心地いい空気感を感じながら、緑豊かなエコライフの実現を過ごすには申し分ない住環境です。

区画図

両三柳1号地の区画情報はこちら。図をクリックすると拡大図をご覧いただけます。

凡例

  • 分譲住宅
  • 宅地

周辺施設・校区

  • 米子幼稚園 約 0.8km
  • 加茂小学校 約 0.7km
  • 加茂中学校 約 1.5km
  • 住宅団地バス停 約 0.5km
  • まるごう両三柳 約 0.6km
  • セブンイレブン 約 0.5km
  • 鳥取医大病院 約 4.6km
  • 弓ヶ浜公園 約 1.4km

分譲情報

  • 所在地/米子市両三柳字三保向ヒ5273-1
  • 総区画数/2区画
  • 販売戸数/1戸
  • 地目/宅地
  • 都市計画区域/市街化区域
  • 用途地域/第一種中高層住居専用地域
  • 建ぺい率/60%
  • 容積率/200%
  • 道路/6mの公道に接道
  • 設備/(水道)米子市上水道(電気)中国電力(排水)公共下水道
  • 完成予定/令和元年11月中旬
  • 引渡予定/完成見学会後
  • 売主/株式会社ひらぎの

Access

見学お申込み受付中

両三柳1号地の魅力を、実物でぜひ一度お確かめください。詳しいお話をご希望の方は、事前予約をおすすめします。
見学のお申込みは専用フォームから。

お名前

フリガナ

ご住所

電話番号

メールアドレス

ご予約日(見学ご希望日の2日前までにお申し込みください。)

ご予約時間帯

時~

特記事項

ご見学にあたってのご希望などがありましたらご記入ください。

ご記入頂きましたお客様情報は、弊社が住まいづくりに役立つ情報をお届けする目的以外には使用いたしません。
恐れ入りますが、同業者の方の見学ご予約はご遠慮願います。