スタッフ ブログ

「もう」よりも「まだ」

みなさん、こんにちは。出雲支店 工務担当の井田です。

今日は、二十四節気の第三番目にあたる「啓蟄(けいちつ)」
「啓」は開く、「蟄」は虫などが土中に隠れ閉じこもるの意味で、土の中に閉じこもっていた虫たちが巣穴を開いて這い出して来る季節を表しています。
もう春はそこまでやってきています。
私たちを悩ませている新型コロナウイルスの脅威も春の息吹に吹き飛ばされる日ももうすぐです。

先月、今上陛下はお誕生日に際し、「即位の年齢については、歴代天皇の中では、より高齢で即位された天皇もおられますが、還暦を迎えるのに当たっては、もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」とのご発言をなさっています。
私も「もう」ではなく「まだ」の気持ちで、まごころの家づくりしたいと思っています。

若い施主様にとっては、親子ほどの年の差がありますが、将来にわたっての家づくり、還暦を超えた私だからこそアドバイスできるところもあるかと思います。
どうぞ、お気軽に展示場へいらっしゃってみてください。

また、出雲の新しい展示場・事務所も6月には完成予定です。お楽しみに。